スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おすすめの本はブックマークに追加しよう!
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告

マララさん こんにちは 西村書店


マララさん こんにちは 世界でいちばん勇敢な少女へ
a954.jpg


マララさん こんにちは 
世界でいちばん勇敢な少女へ

ISBN:978-4-89013-954-5
ローズマリー・マカーニー 文 西田佳子 訳  

内容:親愛なるマララ、あなたに会ったことはないけど、なんだか親しみを感じるわ――。
マララ・ユスフザイは、みんなに勇気を与えてくれる女の子です。パキスタンに暮らしていたマララは、学校にかよいたいとのぞんだために、武装集団タリバンに銃撃されました。そのときからマララは世界中の人々に注目されるようになりました。マララの勇気は、世界中の女の子たちの権利を守る声になったのです。
本書は、美しい写真とともにつづられたマララへのメッセージです。世界中の女の子たちがマララに共感し、姉妹のような愛情をいだき、称賛の声をおくっています。女の子が学校へ通えるようになるには、貧困や差別、暴力など、乗り越えなければならない障害があるということを、多くの女の子たちが身をもって知っています。そんな女の子たちはこう思っています。「マララはわたしたちのリーダー、わたしたちの味方、わたしたちの仲間なの」と。
2014年10月、史上最年少でノーベル平和賞を受賞。マララに勇気をもらった世界中の女の子たちからのメッセージをつづる写真絵本。巻末ではマララが国連でスピーチした内容を子ども向けにわかりやすく紹介。

ローズマリー・マカーニー……国際NGOプランの一員であるプラン・カナダの代表。プランのグローバルキャンペーン「Because I am a girl(私は女の子だから)」を立ち上げたメンバーのひとり。国連の「国際ガールズ・デー(10月11日)」制定のために活躍。100近くの国々において、弁護士としての技能を生かして活動している。

西田佳子……翻訳家。東京外語大学英米語学科卒業。東京都立川市在住。おもな訳書に、クロンビー「警視シリーズ」(講談社)、モンゴメリ『赤毛のアン』(西村書店)、プリーストリー『ホートン・ミア館の怖い話』(理論社)、『わたしはマララ』(共訳・学研マーケティング)などがある。

本体価格 1,400円
刊行月 2014年 2月

この書籍のリンク
西村書店 おすすめの本はブックマークに追加しよう!
[ 2014/12/03 14:19 ] 新刊情報


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。