スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おすすめの本はブックマークに追加しよう!
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告

はじまりのとき すずき出版

はじまりのとき

はじまりのとき


ISBN 9784790232612
タィン=ハ・ライ/作 代田亜香子/訳

ベトナム戦争によって難民となった家族が力を合わせ、ふたたび歩きだそうとする姿を描いたハートフルな物語。
本作品の原題、“Inside out and back again”は、直訳すると「ひっくりかえって、もう一度もどって」という意味になる。タイトルどおり、主人公たち一家には、まさに天地がひっくりかえってしまうような運命がふりかかる。主人公の10歳の少女ハの詩(日記)として物語はつづられる。難民であり異文化にくらすことのとまどいやいらだち、さびしさや恥ずかしさ、悲しみといったものがしみじみとつづられるなかに、英語の文法に対する不満や、習慣や食べ物の違いに対するショックなどが、ユーモラスにみずみずしくおりこまれている。
作者の実体験をベースにしたこの作品は、2011年全米図書賞児童部門、2012年ニューベリー賞オナーブックに選ばれている。



【著作者プロフィール】
■タィン=ハ・ライ(Thanhha Lai)/1965年、ベトナムに生まれる。1975年、サイゴン陥落によって難民となり、アメリカ合衆国に渡る。受け入れ先のアラバマ州で、言葉や習慣の違いにとまどいながらの慣れない生活がはじまる。その後、テキサス州に移りテキサス大学でジャーナリズムを学び、カリフォルニア州の新聞社に勤める。作家を志してニューヨーク大学で学び直し、自らの経験をもとにした本作品を発表。現在は、ニューヨークに夫と娘と住み、創作活動に励んでいる。
■代田亜香子(だいた・あかこ)/立教大学英米文学科卒、翻訳家。主な訳書に、『浮いちゃってるよ、バーナビー!』、『象使いティンの戦争』(ともに作品社)、『あたしがおうちに帰る旅』(小学館)、「アリー・フィンクルの女の子のルール」シリーズ(河出書房新社)、 『フライ・ハイ』(あかね書房)、『きらきら』(白水社)、『シルクの花』、『クレイジー・サマー』(ともに鈴木出版)など多数。

本体価格 1,600円
刊行月2014年6月
この書籍のリンク
すずき出版

おすすめの本はブックマークに追加しよう!
[ 2014/08/27 11:11 ] 新刊情報


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。